category: 日本心身医療研究会活動  1/2

日本ゴム銃射撃協会 in札幌太田病院支部 第1回大会

↑クリックすると、大きく表示されます。平成24年12月8日(土)13時~17時まで、日本ゴム銃射撃協会 in札幌太田病院支部 第1回大会が開催されます。子どもの頃、輪ゴムと割ばしでゴム銃を作った思い出はありませんか?幼児から高齢者まで、どなたでも気軽に参加できるゴム銃射撃大会です。健全な楽しい遊びや趣味は、不登校・うつ・ひきこもり・アルコール症などの予防に役立ちます。ゴム銃で的(まと)を狙いましょう!会   場...

  •  -
  •  -

絵画療法について

絵画療法  毎週火曜日  10:30~11:30場所    3階作業療法棟(ケア室A)参加対象者  1階病棟、2階病棟、ストレスケア病棟、3階病棟入院者、       1階デイケア毎週7名~10名が参加し、自画像を描いたり、果物、花、野菜、籐のかごなど身近のものをモチーフとしてデッサン、色鉛筆、水彩、など自由に描いています。参加者からは「難しいけれど、楽しかった!心が和んだ!又参加したい!」との感...

  •  -
  •  -

日本マージャン療法のご紹介

日本心身医療研究会のピア・サポート活動のひとつに「麻雀療法」があります。当院では、デイケアメンバーを中心とした「麻雀療法士」が、病棟や老人施設を訪れて、麻雀の指導を行っています。麻雀療法士の「認定試験各級・十段階表」は、こちらをご覧下さい。「日本マージャン療法士 認定試験各級・十段階表」(商標登録No.5444861 実用新案No.3172903)また指導する際には、以下のように心がけています。日本心身医療研究会 日本...

  •  -
  •  -

パチンコ射撃療法

平成24年1月3日に日本心身医療研究会に所属する「パチンコ射撃療法」を開催しました。ストレスケア病棟のデイルームで、昔なつかしのパチンコをしました。ティッシュを糊で丸めた物を玉として使いました。ストレスケア病棟34名と、2F病棟24名と58名の参加があり、60代の男性は子どものころ、木の枝と自転車のタイヤのチューブで自作して遊んだと話されていました。女性や思春期の入院者も、興味を持ってゴムを引いて的(まと)...

  •  -
  •  -

土曜女性の会を行いました

平成23年9月24日(土)15:30~16:30まで、日本心身医療研究会(中央区北3西3:大同生命ビル7階)にて、土曜女性の会を開催しました。(通常は、毎集土曜日の同時間に当院内にて開催)当会は、主にアルコールや薬物・ギャンブルなどの依存症、摂食障害の方向けの女性のグループです。 会の案内はこちらです。当日はスタッフを合わせて、8名のご参加がありました。女性だけの和やかな雰囲気で、自分の体験や気持ちを話しました。皆さん...

  •  -
  •  -

札幌中心部の地下歩道で広報活動

 11月5日開催予定の「第6回北海道アルコール・薬物依存予防、早期発見、解決市民フォーラム」と、「日本心身医療研究会」(地下歩道1番出口直結・大同生命ビル7階)で随時行っている「内観体験」の広報活動を、札幌中心部の地下歩道で行いました(平成23年9月10日)。職員とボランティアのデイケアメンバーさんで協力して、大きな声を出しチラシを配りました。 チラシを受け取った方が足をとめ、「家族や知人がアルコール依存症だ...

  •  -
  •  -

日本ピア・サポート活動”園芸療法”

↑平成23年6月15日より、2F屋上にて園芸療法を行っており、 2F病棟の入院者さんが中心となり、きゅうり、ミニトマト、茄子などの 野菜の苗を、プランターに植えて育てています。↑毎回10~20名ほどの入院者様が参加され、 積極的に水やり、観察をしています。 現在では土に触れる機会が減った為、久しぶりに土に触った、 懐かしい、楽しい など大好評!!↑各プランターには、担当者がおり、責任を持ってお世話してい...

  •  -
  •  -

日本ピア・サポート活動”仏教・坐禅療法”

↑平成23年6月23日(木)に当院2階職員講堂にて、仏教・坐禅療法を行いました。 各病棟入院者、デイケアメンバー、職員、実習生総勢50名の参加がありました。 前半は寺院から住職を招いてご法話を聴講し、後半は病院スタッフ(仏教療法士)が 主体となって坐禅体験を指導しました。↑坐禅には呼吸を整え、集中力を高めたり、姿勢を整えるという効果や、 腹式呼吸をすることで全身に酸素が行き渡り美容効果があるとも い...

  •  -
  •  -

5号線小弓道ビルで小弓道大会

↑平成23年6月21日(火)午後1時30分から、5号線小弓道ビルにて、 第1回デイケア合同小弓道大会が行なわれました。↑参加者は見学を含めて37名と予定よりも多く、矢が的に当たった時は 大歓声となり大変盛り上がりました。↑上入賞者は、日ごろから練習熱心な方が占めるという結果でした。...

  •  -
  •  -

日本ピア・サポート活動 ウォーキング療法

↑「ウォーキング療法士」である法人総務部兼作業療法課内田と共に1階病棟では、  ほぼ毎日、階段を含んだ病院内を3周程度お話ししながら楽しく歩いています。  当初は4~5名程度でしたが患者さんみずから参加したいと申し出があるなどして、  今では12名程度で実施しています。最近は、疲れた様子がなく  体力の向上が見受けられてきました。 ↑平成23年5月31日午後1時半から、内田を中心に作業療法課(菊地・對馬・寺...

  •  -
  •  -

牧師伝道と讃美歌療法

昭和25年頃から小樽聖公会の岩田牧師が当院に来られ、聖書説明と讃美歌を歌いました。当院ストレスケア病棟にて牧師伝道及び讃美歌療法が再開されました。世界人口の約30%はキリスト教圏であり、キリスト教と触れ合う事でグローバルな価値観、生命感と西欧や米国民の文化を学びたい。神の信仰により生きる意味への理解や不安への癒しを期待し実施しております(牧師伝道療法)。↑上平牧師がお話しておられます。 今回は患者様や...

  •  -
  •  -

日本ピア・サポート活動 ミニバレー療法

平成23年5月4日、みどりの日に当院体育館にてミニバレー療法を行ないました。1階病棟、2階病棟、ストレスケア病棟から各10名程の参加となり、高齢の方から10代の若い方までが皆で協力をし合ってボールをつなぎ、大変な盛り上がりとなりました。接戦の末、優勝はストレスケア病棟でした。優勝できなかったチームも、良い汗をかいて、楽しまれていたようでした。↑練習中の風景。 平均年齢の高い1F病棟では、ミニバレー療...

  •  -
  •  -

日本ピア・サポート活動 日本パーカッション療法

平成23年5月3日、14時30分から15時10分まで、1階介護病棟の食堂にて、パーカッション(打楽器)療法を行いました。全病棟の入院者さん、あわせて40名の参加がありました。パーカッション療法士によるドラム打演のほか、ドラムをやっていた参加者さんに演奏してもらったり、一度もドラムに触ったことのない方にも、打演を体験してもらいました。ドラムに触れたことがない方も、積極的に叩こうとしてくれた姿も印象的で...

  •  -
  •  -

日本ピア・サポート活動 日本キャッチボール療法

平成23年5月5日のこどもの日に、当院体育館にて、日本キャッチボール療法を行いました。ストレスケア病棟、2階病棟の入院者さん合わせて20名の参加がありました。↑キャッチボール療法士(セージュ新ことに、奥野氏)が説明を行っています↑実際にスタッフも交えてキャッチボールをしています。↑普段キャッチボールをしない方でも、経験者もみんなで楽しめる時間になりました。...

  •  -
  •  -

日本ピア・サポート活動 野外活動レク『日本ホタル療法』

平成23年5月4日(水)、五天山公園内の「環境学習館」にて、ホタル療法を体験しました。 入院者・退院者、スタッフ合わせて8名が参加しました。 ホタルの生態などについて、NPO法人琴似発寒川市民フォーラム「西区ホタルの会」の板橋氏(三誠社社長)、田中氏から説明をしていただきました。 ホタルの生態についての板橋社長のクイズ、田中氏の説明、実際に幼虫やエサなどに触れてみる体験など、楽しい工夫により、終始明るい雰囲...

  •  -
  •  -

What's New