Archive: 2011年10月  1/1

新入職員内観研修終了しました

医療法人耕仁会の新入職員研修の一環に、過去20年以上前から“内観”を取り入れております。当院では内観療法を外来・入院者に実施しています。医療・看護・介護・福祉に携わる全職員が内観療法を自分自身で体験している必要があります。平成23年10月28日、当院付属内観センターにて、新人職員4名の内観研修が終了いたしました。上は研修終了時の写真です。大変お疲れ様でした。この内観研修で得た気付きを生かして、業務に携わって...

  •  -
  •  -

第6回 NAN(名無し酒無し)の会

平成23年10月12日(水)、日本心身医療研究会は大同生命ビル7階にてNAN(名無し酒無し)の会を行ないました。参加者は病棟の患者様、各デイケアのメンバー、スタッフを合わせ約50名の参加となりました。 今回の内容は北海道厚生局麻薬取締部長の梅田国樹様をお招きし、「薬物乱用の現状と課題」についての講演をしていただきました。薬物の恐怖や依存性、症状について学び、公演後は積極的に質問をする参加者も見られ、非常に有...

  •  -
  •  -

第10回日本ピア・サポート学会(奈良市)で演題発表

平成23年10月8~10日(土~月)、『日本ピア・サポート学会 第10回総会・研究大会』が奈良県奈良教育大学で開催されました。当院からは、内観療法課の根本忠典課長、堀川ゆかり、奥村弓恵の3名が以下の演題で発表しました。○「匿名断酒会NAN(日本心身医療研究会付属)のピア・サポート活動」(根本)当法人全体のピア・サポート活動(日本心身医療研究会)について報告いたしました。フロアから『各種サポーターの資格は、どこで認定して...

  •  -
  •  -

旭川医科大学の学生さんが当院に体験実習

平成23年10月13日9:30から17:00頃まで、旭川医科大学4年生の学生さん10名が、当院見学のため来院されました。午前中は、NPO法人つばき作業所、共同住居(グリーンハイツ)、老人保健施設セージュ山の手、山の手ワークステーションなど、当法人各施設の見学と、院内各部署の見学、モナカアイス療法、小弓道療法などのピア・サポートの体験をしました。↑NPO法人つばき作業所の見学      ↑共同住居(グリーンハイツ...

  •  -
  •  -

各病棟の患者様と円山動物園レク

平成23年9月28日(水)、10月5日(水)両日、各病棟の患者様と円山動物園に行きました。この間、旭川では初雪が観測され、札幌でも気温が下がり雨の心配もありましたが、両日共に天候に恵まれ温かい日差しの下、たくさんの動物を観察しました。人馴れしたカンガルーに出迎えてもらい、サル山でボスを探したり個性豊かなサルを飽きるまで眺めていました。レストハウスで休憩し一通りの動物を見た後、サル山をバックに記念撮影しまし...

  •  -
  •  -

札幌中心部の地下歩道で広報活動

平成23年10月12日、札幌中心部の地下歩道にて、11月5日開催予定の「第6回北海道アルコール・薬物依存予防、早期発見、解決市民フォーラム」と、地下歩道1番出口直結ビル7階「日本心身医療研究会」で、当日16時から行われた、第6回NAN無料相談会・講演会(後述)の広報活動を行いました。職員とボランティアのデイケアメンバーさんが協力して、大きな声を出してチラシを配りました。↑また、通行される方に小弓道を体験してもらおう...

  •  -
  •  -

新入職員内観研修終了しました

医療法人耕仁会の新入職員研修の一環に、過去20年以上前から“内観”を取り入れております。当院では内観療法を外来・入院者に実施しています。医療・看護・介護・福祉に携わる全職員が内観療法を自分自身で体験している必要があります。平成23年9月下旬、当院付属内観センター(北海道心身医学研究所)にて、新人職員4名の内観研修が終了いたしました。上は研修終了時の写真です。大変お疲れ様でした。この内観研修で得た気付きを生...

  •  -
  •  -

みつば会の後期プログラム

No image

↑クリックすると、拡大します。みつば会(アルコール問題を抱える家族会)の平成23年度(後期)のプログラムができました。詳細は、こちらをクリック(PDF形式)をご覧ください。みつば会とは、アルコール問題を抱える人の、家族の会です。当会は、1977年(昭和52年)から、34年の歴史があります。平成23年10月14日(金)、みつば会を開催いたします。家族、親戚、友人、恋人などのアルコール問題を抱えている・解決...

  •  -
  •  -

What's New