Archive: 2012年03月  1/1

新入職員内観研修終了しました

医療法人耕仁会の新入職員研修の一環に、過去20年以上前から“内観”を取り入れております。当院では内観療法を外来・入院者に実施しています。医療・看護・介護・福祉に携わる全職員が内観療法を自分自身で体験している必要があります。平成24年3月16日、当院付属内観センターにて、新人職員6名の内観研修が終了いたしました。上は研修終了時の写真です。大変お疲れ様でした。この内観研修で得た気付きを生かして、業務に携わってい...

  •  -
  •  -

第11回NANのご案内

平成24年3月28日(水)15時~16時30分まで、うつ、アルコール、不登校などで困っている方の相談会(匿名の会、無料相談会、NAN:Nanashi Alcohol Nashi)を行います。詳しいご案内は、こちらのリーフレットをご覧ください。うつ・アルコール・睡眠薬・抑うつ剤などの多量服薬、失敗、不和、リストカット、拒食・過食・嘔吐、物忘れなどでお悩みの方。子育て、家庭内暴力などでお困りの方など、どなたでも自由に無料参加でき...

  •  -
  •  -

札幌医科大学 医学部「早期体験実習」の紹介

札幌医科大学医学部第1学年を対象の早期体験実習の受入れは、今回で3回目です。医師と、チーム医療に求められる、多角的能力を賦活する目的の実習が、2日間、関係職員の協力を得て行いました。体験実習に先だち、実習生5人から、将来の目標や課題を提示してもらいました。実習生A:「総合医となって、自分を育ててくれた出身地に恩返しをしたい」「心の病を持つ人とのコミユニケーションを学ぶ、精神科の診療の実際を学ぶ」実...

  •  -
  •  -

第10回NAN(名なし酒なしの会)開催

平成24年2月29日、第10回NANの会が日本心身医療研究会(大同生命ビル7階)で開催されました。一般の方、入院者、デイケアメンバー、職員など、63名の参加がありました。↑ 15:00からは小弓道を実施しました。今回のNANは、「任務とリスク」というテーマで陸上自衛隊 第11旅団後方支援隊第3科長 下矢敷3佐をお招きして講演をいただきました。昨年3月の震災時、福島県での後方支援という任務のなかで原発事故時の対応について...

  •  -
  •  -

第44回 大雪断酒学校に参加して

平成24年2月17・18・19日、国立大雪青少年交流の家にて第44回大雪断酒学校に参加してきました。 道外70名・道内164名・医療関係17名・その他1名と計252名参加され、南は沖縄県から北は北海道稚内市と、日本列島の各地から集まりました。 ↑断酒学校開校式 2泊3日、体験発表3回と選択研修1回のスケジュールで実施されました。 2日目の午後からの選択研修では、卓球・ミニバレー・バトミントン・歩くスキー・小弓道が実施され、当院...

  •  -
  •  -

What's New