Archive: 2014年08月  1/1

『待ちに待ってた夏が来た!』札幌太田病院夏祭り

 毎年恒例の夏祭りが7月16日に札幌太田病院の中庭にて行われました。当日は天候にも恵まれ参加の皆さんも気持ちよさそうにしていました。 今年の参加者は入院者様73名、御家族24名、職員39名の総計136名でした。今年の出店はひんやり冷たい「かき氷」、昔懐かし「駄菓子」、ソースが香ばしい「焼きそば」、楽しく遊べる「ダーツ・ジュース」の4店です。皆さんによろこんでもらえるようスタッフ一同頑張って準備しました。そ...

  •  -
  •  -

地域対話士育成研修で講演しました

No image

平成26年8月2日(土)、NPO法人 きずな(札幌市中央区)が開催する研修会で、院長が講演をいたしました。自殺願望者または自殺念慮者、うつ病患者、自殺念慮者のご家族などに接する、地域対話士育成の研修会でした。主に、自殺とうつ状態についてお話させていただきました。...

  •  -
  •  -

第2回多飲水症者の会

当院では、2階自活力回復棟で多飲水症者の会を行っています。 平成26年8月10日、第2回目の今回は「多飲症」・「水中毒」とはどんな病気なのか、テキストを使い説明した後、「どんな時に飲みたくなるか」「飲みすぎると、身体にどんな症状があったのか」の2点について、参加者に体験発表をしてもらいました。 ↑体験発表を聞く事であらためて、その辛さを理解することができました。 ↑参加者も多飲の害について知り、学ぶことがで...

  •  -
  •  -

多飲水症者の会を開催しました

平成26年7月30日午後15:00より、2階病棟デイルームで第1回 多飲水症者の会を 開催しました。 「喉が常にカラカラ」「喉が渇くのは薬のせい?」「どうして一日で体重が大幅に 変わるんだろう?」などの疑問を持つ方を対象に勉強会を始めました。 ↑多飲症のテキストを読み、本日のテーマである「水を飲みすぎると自分の身体や 心にどんな影響をあたえるのか?」を皆さんで考えています。     ↑「水を飲みすぎると絵のような症...

  •  -
  •  -

旭川医科大学医学生が体験学習にいらっしゃいました

平成26年7月30日(水)9時35分~16時30分まで、杉岡良彦先生(旭川医科大学医学部医学科健康科学講座)の引率により、同大学医学科4年生11名が、当法人の体験実習を受けました。午前は、NPO法人つばき作業所、共同住居(ナイカンハイツ)、老人保健施設セージュ山の手などの関連各施設を見学し、その後は、札幌太田病院の各部署で実習をしました。↑外来で箱庭療法の体験。皆さん、『やってみたらすごく楽しかった』と おっしゃっ...

  •  -
  •  -

(病棟内・断酒会)=しらかば会40周年記念祝賀会が開催されました

平成26年7月12日(土)11時30分~15時まで、当院2階講堂で、 しらかば会40周年記念祝賀会を行いました。 しからば会は、アルコール症で当院を退院された方の会です。原田ひろし北海道断酒連合会理事長の提案により発会しました。 会員の方、そのご家族、デイケアメンバー、入院者、職員を合わせて、105名の参加がありました。 開会には、神田氏(音楽療法課)、西尾氏(法人)によるエレクトーン・ハーモニカ演奏で“もいわの歌”を...

  •  -
  •  -

What's New