Archive: 2016年03月  1/1

『親育ち応援団講座』を開催しました

この講座は、札幌市教育委員会からワークライフバランス認証企業向けに案内されたもので、子育て中の職員を中心に45名の参加がありました。「しつけ~親から子どもへのプレゼント~」と題して、講師の先生から、ご自身の体験を踏まえつつ、興味深いお話をたくさん聞かせて頂きました。参加者からは、「しつけは誰のためにするのか、改めて考える良い機会になりました」、「不安がいっぱいの子育ての参考になりました」、「子どもの...

  •  -
  •  -

QOL向上委員会生活指導パッケージ説明会

No image

製薬会社から案内があり、動画を用いた生活習慣指導の説明会を開催いたしました。業務時間外にも関わらず50名以上の職員が参加しました。精神疾患がある方の生活指導の仕方を楽しく学ぶことができました。当院利用者の皆様に役立てたいと思います。...

  •  -
  •  -

ひな祭り喫茶を行いました

 3月3日、札幌太田病院1Fリワーク・地域連携棟にて、ひな祭りレクを行いました。今回は“ひな祭り喫茶”と称し、入院者自身が会の準備・運営を行うことで、季節感を味わうほか自主性の向上や達成感の獲得へと繋がりました。↑事前にプログラムで作成した飾りを   ↑喫茶の店員役の入院者がデザートをスタッフと共に飾り付けています。     提供しました。今後もリワーク・地域連携棟では、日常のプログラムや季節ごとのレク...

  •  -
  •  -

簡単・抹茶ラテアートに挑戦

 3月2日(水)、当院ストレスケア病棟のデイルームで茶話会を行ない、抹茶のラテアートに挑戦しました。 ラテアートといえば難しい感じがしますが、今回試みたのはとても簡単な方法です。砂糖を加えた抹茶にホイップした牛乳をのせ、お湯で溶かしたチョコペンでそれぞれ好きな絵を描いてみました。 スタッフを含めほとんどの方が初めての試み、完成度はともかくとして、ちょっとした遊び心とほのかに甘い抹茶ラテを楽しみ、ゆっ...

  •  -
  •  -

今クールのポプラの会(統合失調症の認知行動療法)が終了しました

No image

先日、今クールの「ポプラの会」が終了しました。終了時の満足度は、下の表の通りです。また、参加者の方たちから次のような感想を頂きました。ポプラの会 最終回満足度満足度人数(名)5(大変良い)34(良い)2332010≪感想≫ 今まで統合失調症の病識がなかったが、自分は本当に病気なのだとわかった(病識が20%から100%に変化) 絶対に薬は中断しない(薬の必要性の認識が50%から100%に変化) ポプラの会で学んだ幻聴や妄想の...

  •  -
  •  -

ポプラの会(統合失調症の認知行動療法)を紹介

当院では、毎週水曜日と金曜日の午後16時から、病棟内において、統合失調症で入院している方や、退院された方を対象として、認知行動療法「ポプラの会」を行っています。医師・看護師・薬剤師・心理士が担当し、8名程度の参加者で行われている会です。「ポプラの会」では、テキストを使用して病気やその対処法について理解し、また、同じ症状・悩みを抱えた者同士で、主に以下のテーマに沿って体験を発表し合っています。≪体験発表...

  •  -
  •  -

医学生の自主見学実習を行ないました

平成28年3月2日(水)、札幌医科大学医学部の学生3名が来院されました。「アルコール依存症治療の現場に興味があり、実際に見てみたい」という学生の要望にお応えする形で自主的な見学実習を行ないました。朝10時に来院され、オリエンテーションの後、病棟で実施されているアルコール依存症の学習会に参加、その後院長にもご協力いただき、質疑応答の時間も設けることができました。昼はランチョン断酒会で入院者と食事をとり、そ...

  •  -
  •  -

「強迫性障害に対する認知行動療法」を受講して

平成28年1月30日(土)31(日)2日間、東京都小平市にある、国立精神・神経医療研究センターにて行われた「強迫性障害に対する認知行動療法」研修会に参加しました。講師はセンターの精神科医師、臨床心理士の方等6名が担当され、医師、心理士、看護師、精神保健福祉士など約40名の受講生が病気の理解と曝露反応妨害法を中心とした治療法の習得を目指しました。1日目は講義で、2日目は患者様役、セラピスト役、観察者に分かれロール...

  •  -
  •  -

What's New