日曜日恒例 小弓道療法

  25, 2010 16:55
毎週日曜日の午前に小弓道療法を開催しています。
(小弓道療法のページはこちら)
札幌医大の弓道部の学生さんのご協力でご指導していただいています。
当院からは作業療法士や病棟の看護師などが参加しています。
2月21日は、各病棟から15名の参加がありました。

CIMG2881.jpg

通常はA2病棟デイルームで、3~5mの距離の的を使用するのですが、この日は体育館で10mの距離の的でおこないました。結構遠く感じます!

CIMG2892.jpg

写真を見てお分かりのように、かなり小さな弓を使用しています。
これは、札幌太田病院の小弓道療法オリジナルの「福祉小弓」です。
福祉小弓の自作木弓の図解A」、「福祉小弓の自作木弓の図解B」、
医療と福祉・小弓道療法の10段階姿勢の図示」もあわせてご覧下さい。


この日は太田耕平理事長の発案で、景品(リンゴとミカン)をかけた競技会がおこなわれました。
CIMG2896.jpg

予選では2本矢を射て、合計点数の高い3人が決勝進出します。予選はミカンだけですが、決勝はリンゴがもらえるという内容。
CIMG2889.jpg

景品はともかく、皆表情は真剣そのもの!白熱しながらも和気合いあいとした雰囲気でした。
CIMG2885.jpg

What's New