第29回 日本思春期学会に参加

  01, 2010 16:08
2010090205.jpg
第29回日本思春期学会が、平成22年8月28日~29日の2日間、グランドパーク小樽で開催されました。
「思春期の健康問題を科学する」という大会テーマで、産婦人科・精神科などの医療関係者や大学教授、学校関係者、一般の方など300名程度が参加しています。
産婦人科と精神科の連携の必要性を訴えている発表が多いことが印象的でした。
2010090204.jpg

当院からは、一般演題5題(詳細はこちらをクリックしてご覧ください)、ワークショップ1題の発表がありました。
ワークショップでは、「精神科治療を要する思春期症例の症状」というテーマで、太田耕平理事長より、35年の治療の推移を振り返りながら、症例紹介や疾患に合わせた治療方法などの紹介があり、参加者の関心を集めていました。
配布資料の希望者が多く、講演終了後も資料の要望があり、当院の治療への関心の高さを実感しました。

当院より発表した内容(抄録やスライドなど)は、こちらをクリックしてご覧ください
2010090206.jpg
上写真:太田耕平名誉院長による発表。
2010090207.jpg
上写真:小田看護師による発表。

What's New