第10回日本音楽療法学会学術大会

  13, 2010 13:34
2010101406.gif
平成22年9月24日(金)~26日(日)の3日間、第10回 日本音楽療法学会学術大会が、神戸国際会議場・神戸ポートピアホテルにて開催され、当院音楽療法課スタッフ4名(神田、佐藤、市川、藤田)が参加しました。
2010101407.gif
今大会のテーマは、「いのちに寄り添い、こころをつなぐ~音楽療法の原点と課題~」。土日の講習会を含め、3日間の参加者は約8100名(延べ人数)でした。学術大会では、学会員による約140の研究発表や、欧州各国から4名の専門家を迎えての国際シンポジウム、さらに、大会テーマに沿った特別座談会などが行われました。
2010101408.jpg
当院から、藤田悦子(音楽療法研修生)が、『精神科デイケアにおける手作り太鼓の効果~廃材を用いての塩化ビニール管太鼓製作過程によるクライエントの意欲の変化~』というテーマで、ポスター発表をしました。参加者は、廃材を利用したという点に着目し、「どのような方法で廃材を手に入れたか」など、数多くの質問がありました。

大会長講演では、大会長自ら脚本した音楽劇 『地下鉄道』が上演されました。19世紀半ばのアフリカで、自由を求めて「北」へ逃げる奴隷たちと、人間の尊重を守ろうとする人々の歴史を「暗号」としたゴスペルや、黒人霊歌を交えながらの熱演は、非常に見事なものでした。最後はキャスト全員で『Oh happy day』を歌い、その力強い歌声に圧倒され、終演時には客席全体がスタンディングオベーションとなりました。
2010101409.gif

What's New