みつば会

  28, 2011 13:19
2011030105.jpg
↑平成23年2月25日(金)13時半~15時までは職員食堂で、みつば会
 (アルコール問題を抱える家族の会)が行われました。

みつば会とは、アルコール問題を抱える人の、家族の会です。
当会は、1977年(昭和52年)から、34年の歴史があります。
今回は、入院者さんの家族や、身近な人のアルコール問題を抱えている・解決したい方など、スタッフを合わせて、20名の参加がありました。

まず、上野ミユキ氏(元札幌太田病院アルコール専門病棟副総婦長、日本内観学会会員、日本家族療法学会会員)から20分ほど、{ 家族 }のあり方などのお話をいただきました。

残りの時間は、同じ時間に行われている、病棟しらかば断酒会を、参加希望者が見学に行ったり、小グループに分かれてミーティングをしました。

今回の小グループは、
夫がアルコール症である妻のつどい
子がアルコール症である母のつどい
など、
テーブルごとに自由に進行しました。

次回のみつば会は、3月11日(金)の開催です。
時間は13時半~15時までとなっております。
家族、親戚、友人、恋人などのアルコール問題を抱えている・解決したい方など、どなたでもご参加できます。
参加される方は、当院外来ロビーか、介護病棟の食堂にお越し下さい。
(予約などは必要ありません)

同じ悩みを抱えている仲間と、アルコール問題をお互いに解決していきませんか。
この会に参加することで、アルコール症についてや、アルコール症の方に対する好ましい家族の態度を学ぶこともできます。

わからないことなど、お気軽にお問い合わせください。

日時:第2・4金曜日(祝日休み)午後1時半から3時まで
参加費はお茶代として100円かかります。
参加される方は、直接当院外来ロビーまでお越しください。
時間になったら職員と一緒に会場までご案内いたします。

詳しくは、こちらの案内(みつば会ポスター)もご覧ください。

将来は、アルコール症の悩める人に対するピア・サポーターの養成も考えています。
サポーターが病棟に入り、入院者のサポートをしてもらい、病院側から謝礼をお渡しするなどのシステムができればよいと思っています。

お問い合わせ先
札幌太田病院 電話(011)644-5111
担当:内観療法課 根本・篠田・奥村・伊藤(恵)・軒名
   地域福祉課 渋谷・佐藤
   ストレスケア病棟 小田島

What's New