四半的弓道の先生が来院、多くのメンバーや職員がご指導頂きました。

  24, 2011 11:03
平成23年6月17日(金)~20日(月) 宮崎県四半的弓道連盟宮崎支部の事務局長、
飯島邦彦先生に、指導においで頂きました。
四半的弓道を元にして、当院の小弓道療法は生まれました。
飯島様には、当法人の各施設へご来訪頂き、四半的弓道のご指導を頂きました。
P6190023_20110624154945.jpg
↑体育館でご指導下さっている様子です。

mato.jpg
↑四半的弓道の歴史を教えて頂いています。

yumi.jpg
↑四半的弓道の試合の形式を、入場から退場までの流れを丁寧に教えて下さいました。
 試合作法に則って四半的を射てみました。
 四半的弓と小さな的、また正座して弓をひくなど、いつもと違う作法に
 緊張気味だった皆さんですが、初体験で見事に命中させて歓声を浴びている方もいました。

ka.jpg
↑こちらは当院の新施設5号線小弓道ビルの1階射場で行われた、
 デイケア合同の四半的弓道プログラムの様子です。
 ここでも飯島先生のご指導を仰ぎ、真剣に弓をひきました。
daigo.jpg

sato.jpg
↑いつもの的と的との間に、四半的をつけた巻きわらを設置して行っています。
 常より的が小さく、またかなり下方に設置されているため最初はなかなか
 当りませんでしたが、「楽しかった」「大きな弓は安定していて、ひきやすくていい」
 などの感想がありました。
 明るい日差しの中で、外の空気を吸いながら弓をひくのも新鮮で、楽しいプログラムに
 なりました。

今回、飯島先生に直接教えて頂いたことで、遠い九州に思いを馳せ「行ってみたいね」と
話す方、「練習して宮崎県で行われる四半的弓道大会に出場する」という目標を掲げる方も
いらっしゃいました。
長時間親切にご指導くださった飯島先生に、深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

What's New