第11回阿部俊明詩画展 ~生きる喜び絵筆にこめて~ 「これくらいが丁度いい!!」

  17, 2011 10:01
 8月11日~17日まで東急百貨店5階美術画廊で開催の「阿部俊明詩画展」に1F、2F、3Fの皆さん12名と職員5名、計17名で行って参りました。
 最終日でもあり、非常に混雑しておりましたが参加の皆さんは経歴や詩の一文一文をゆっくりと鑑賞しておりました。繊細な描画でまるで写真のようと感嘆の声をあげ、お気に入りの一枚を見つけ購入される方もいました。また、キリンの絵を画く実演をみせて頂き、五体満足であるこの体に感謝すると共に、阿部さんの努力と忍耐の賜物に感動をさせて頂きました。
阿部さん自らお声をかけて頂き、「絵を画きつづけるには忍耐が必要。でも、頑張りすぎると2、3日体調を崩す。調子が良いときでもほどほどにするようにしている。お互いに頑張りましょう。」と励ましていただき、皆真剣に聞き入っていました。
2011082910.jpg 
↑「調子が悪いときは、あまり難しくないところを画く」とのことです。
2011082911.jpg
↑会場で記念撮影をしました。
 詩画展を鑑賞した後は、地下歩道空間出口1番より7階の日本心身医療研究会で休憩を取り、詩画展の余韻とそこからの眺めを楽しみました。その後、地下一階にある「多加べえの番屋」でお蕎麦を頂き、疲れのみられた参加者も元気になったと笑顔をみせて再び当院に戻ってまいりました。
 阿部様、お忙しい中、当院から参加されたかたにいろいろな話しを聞かせていただきありがとうございました。

作業療法課 菊地俊一

What's New