札幌中心部の地下歩道で広報活動

  12, 2011 20:19
1_20110912201236.jpg
 11月5日開催予定の「第6回北海道アルコール・薬物依存予防、早期発見、解決市民フォーラム」と、「日本心身医療研究会」(地下歩道1番出口直結・大同生命ビル7階)で随時行っている「内観体験」の広報活動を、札幌中心部の地下歩道で行いました(平成23年9月10日)。
職員とボランティアのデイケアメンバーさんで協力して、大きな声を出しチラシを配りました。
 チラシを受け取った方が足をとめ、「家族や知人がアルコール依存症だが、受診させるにはどうしたらよいか」などと相談をして行かれたり、思春期のお子さんをお持ちのお母さんが、内観体験について質問をされるなど、一般の方々の関心の高さが伺われました。
 また今回は、通行される方たちに小弓道を楽しんでもらおうと体験コーナーを設けたところ、50人を超す方々が体験されました。半数以上が子供さんで、普段なかなか手に取ることの無い弓に目を輝かせ、真剣に的をねらっていました。
参加記念のコマをもう一つほしいからとお母さんも弓をひいて行かれたり、手作りの弓と知って作り方を熱心にお聞きになるお父さんもいて、ご家族で楽しんで頂けたようです。
 この広報活動で、アルコール・薬物依存の予防や解決についてや、小弓道療法への関心が広がり、11月の市民フォーラムや模擬内観体験へとつながることを期待します。
 
今回配ったチラシはこちらです。↓
「第6回北海道アルコール・薬物依存予防、早期発見、解決市民フォーラム」
「内観体験のご案内」

1_20110912194118.jpg
↑安全な矢で「愛」「恩」など好きな文字が書かれた的をねらいます。
3_20110912195607.jpg
↑老若男女、沢山の方が小弓道の体験をして行かれました。
P9100055.jpg
↑ご家族で体験していただきました。

What's New