パチンコ射撃療法

  24, 2012 15:17
平成24年1月3日に日本心身医療研究会に所属する「パチンコ射撃療法」を開催しました。
ストレスケア病棟のデイルームで、昔なつかしのパチンコをしました。
ティッシュを糊で丸めた物を玉として使いました。

ストレスケア病棟34名と、2F病棟24名と58名の参加があり、
60代の男性は子どものころ、木の枝と自転車のタイヤのチューブで自作して遊んだと話されていました。
女性や思春期の入院者も、興味を持ってゴムを引いて的(まと)を狙っていました。
小弓道の弓を引く動作がパチンコと似ているため、参加者は抵抗無く楽しんでいました。
今後は、多様な的(まと)を創造する研究が面白いと思われます。

2012011201.gif
↑真剣になって的(まと)に狙いを定めてます。

2012011202.jpg
↑思春期の子どもたちも初めての経験でも楽しんでいました。

2012011203.jpg
↑紙コップを重ねた的(まと)です。

What's New