第44回 大雪断酒学校に参加して

  05, 2012 14:26
平成24年2月17・18・19日、国立大雪青少年交流の家にて第44回大雪断酒学校に参加してきました。
道外70名・道内164名・医療関係17名・その他1名と計252名参加され、南は沖縄県から北は北海道稚内市と、日本列島の各地から集まりました。

2012021701.jpg
↑断酒学校開校式

2泊3日、体験発表3回と選択研修1回のスケジュールで実施されました。
2日目の午後からの選択研修では、卓球・ミニバレー・バトミントン・歩くスキー・小弓道が実施され、当院職員は小弓道班を中心に小弓道の指導にあたりました。
小弓道には計37名の参加を得て、繰り返し参加される方や数十射打ち込む方も多くいました。
鋭い眼差しで的を見つめ、外した時には本気で悔しがるなど真剣になっていました。

2012021702.jpg
↑小弓道班、お見事な1射披露。

2012021703.jpg
↑1射へ、断酒を祈り。

2012021704.jpg
↑研修終了後、札幌太田病院関係者が集まり、お菓子とジュースで団らんを
 楽しみました。

各地の断酒会会員や医療関係者の体験発表を聞くことができ、家族に対する気持ちや酒害について考えさせられ、私自身まだまだ分かっていないことが多く、とても勉強になりました。
この経験を生かし今後の業務に役立っていけたらと思います。

平成24年2月28日、内田多映(法人総務部兼作業療法課) 写真撮影 内田多映

What's New