病棟断酒例会「しらかば断酒会」が、500回を迎えました。- 2013.4.16-

  02, 2013 18:13
 平成20年1月25日に発会し、毎週火曜・金曜の2回行ってきた「しらかば断酒会」が、
平成25年4月16日に記念すべき500回目の断酒例会を迎え、延べ参加者数は
6800人となり、入院者の酒害体験の発表の場として利用されてきました。
 記念例会は、山の手断酒会会長の石崎謙太郎氏の司会進行で行われ、
太田健介院長、ストレスケア病棟の種畑・土生両病棟長と1階デイケアの福井課長からも
講話をして頂き、太田耕平名誉院長からの記念講話を最後に頂きました。
 また、ストレスケア病棟看護師の八重樫さんからは、仏教の教えを例に
人生の生き方をお話しいただきました。
会場には、入院者と退院され当院1階デイケアに通所されている方52名、
病院職員19名が参加され、会の最後には全員が手をつなぎ合わせる「連鎖握手」で
会を締め括り、断酒継続を共に誓い合いお開きとなりました。
今後も、アルコール依存症者の幸せに少しでもお役にたてるよう、
この「しらかば断酒会」を継続して行きたいと思います。
                             しらかば断酒会 森 勲

a_20130502180909.jpg
b_20130502180916.jpg
c_20130502180919.jpg
d_20130502180922.jpg
e_20130502180914.jpg

What's New