講演会開催報告

  27, 2013 15:12
201308240101.jpg
↑平成25年8月24日(土)13時30分から15時まで、当院2階講堂で
平成25年度 『思春期の心の講演会、相談会』が開かれました。
 一般市民・ご家族・通院者・医療学生・デイケア通所者・医療従事者など、
 合計95名のご参加を頂きました。
プログラムの詳細や抄録はこちらをご覧下さい。
会のリーフレットはこちら(PDF形式)をご覧下さい。)


2013082402.jpg
↑太田耕平氏(札幌太田病院名誉院長)から、
 『不登校児の登校支援などにまつわる=親子関係再統合のあゆみ』のテーマで
 会長講演を頂きました。
 参加者はメモをとり、熱心に聴いておられました。
 感想用紙には、「自らの子育てを反省する良い機会になった」、
 「自分や相手を褒めることは大切だと思った」などの感想がありました。

その他、パニック・ひきこもりなど、回復者の体験発表2題があり、一人から10分、計20分お話を頂きました。感謝や反省をし、しっかりと自分と向き合っている姿が印象的でした。

そして、時岡かおり氏(院内学校教育担当心理士)から、発達障がい児に対する内観療法の有効性について、具体的なお話を頂きました。
最後に、発表者を中心にしたフリーディスカッションがありました。

2013082403.jpg
↑フリーディスカッションの様子。
 元当院心理士で、10数年中国で日本語講師をしていた、平山崇氏から、中国の
 思春期症・家族のあり方・内観療法などについて、貴重なお話を頂きました。

当日は、悪天候にも関わらず、たくさんのご参加を頂き、誠にありがとうございました。
今後も、不登校・ひきこもり・アルコールや薬物依存、摂食障害、自傷行為、
統合失調症に有効な病棟内 内観療法の普及、啓発、研究に努めて参ります。

What's New