新人職員内観研修を行います

  14, 2008 10:50
本日より札幌太田病院付属内観センターにて、耕仁会グループに勤務される新人職員さんの、一週間の集中内観研修が行われます。
下の写真は、内観センターの概観と、実際内観に使用している屏風です。
20080714.jpg

札幌太田病院付属内観センター(北海道心身医学研究所)は、平成18年9月にオープンしました。
新人職員に対し、過去20年以上前から実施しています。
当院では、内観療法を外来、入院者に実施しています。その者で、医学に携わる全職員が内観療法を自分自身で体験している必要があります。

 『内観』の表現は、一般の方には「硬い感じがする」などの印象があります。
今後は、児童・生徒には「物語療法」、中・高校生、成人には「自己観察療法」、医療・福祉・教育関係者には「認知修正療法」、高齢者には「自分史回想法」など、その場に応じ呼称を柔軟に変更し、これまでと同様の正式の内観療法を行なう予定です。
 しつけ、不登校予防など子供の問題から、様々な心の悩みの予防・解決のため、ご本人、家族など一般の方のご利用を促進する予定です。興味・関心のある方は、お気軽にご相談・お問合わせ下さい。

お問い合わせ先
医療法人耕仁会 札幌太田病院
〒063-0005 札幌市西区山の手5条5丁目1-1  ℡011-644-5111(担当 : 内観療法課 )
Fax. 011-644-1001
ホームページ http://www.sapporo-ohta.or.jp/
メール info@sapporo-ohta.or.jp

どなたでもお気軽にお問合わせ下さい
2008071402.jpg

What's New