平成26年度思春期の心の講演会、相談会を開催しました

  19, 2014 09:08
P6141294.jpg
平成26年6月14日(土)、13時~16時10分、札幌太田病院2階講堂で、第17回思春期の心の講演会・相談会、第29回北海道内観療法懇話会を開催しました。
一般の父母、学校教員、小児科医、当院退院者、職員など合計163名の参加を頂き、盛会裏に終えました。
特に5人の不登校、ひきこもり、アルコール依存症からの回復者自身からの体験発表は、具体的かつ感動的で大変好評でした。
会のプログラムや抄録などの詳細は、こちらをご覧ください

P6141419.jpg
↑第29回北海道内観療法懇話会の開会挨拶をする、太田健介院長。

太田耕平先生(札幌太田病院名誉院長)から、『不登校や依存症などに内観療法はなぜ有効か』の講演がありました。ロゴセラピーとの関連や、家族全員の信頼関係の回復が有効との話をされました。
当院で内観療法を導入して約40年間の経緯や、現在の不登校・依存症などの治療について、フロアーの参加者との対話式の講演でした。
P6141460.jpg
↑講演中、不登校治療について発言するストレスケア病棟の鈴木看護師。

P6141336.jpg
↑内観療法を体験された方、内観療法に関わる医療職員の治療体験なども
 講義中に語られました。

P6141551.jpg
↑他、回復体験発表5題、職員による研究発表7題がありました。

お忙しい中、たくさんのご参加を頂き、誠にありがとうございました。
来年も当講演会を開催する予定です。
詳細が決まりましたら、随時こちらでご連絡致します。
思春期の心の講演会、相談会や、内観療法懇話会のホームページも合わせてご覧ください。

What's New