今クールの「ポプラの会」が終了しました

  26, 2016 14:16
平成28年4月、今クールの「ポプラの会」(統合失調症向け集団認知行動療法)が終了しました。
終了時の満足度は、下の表の通りです。

ポプラの会 最終回満足度
満足度人 数
5(大変良い)4人
41人
32人
20人
10人


≪感想≫
■妄想内容は、自分がつくり出したものだったかもしれない。(妄想の確信度:100%から10%に変化)。自分でつっぱしっていた。まさかこんな病気になるとは思わなかったが、病気と分かって治療していける(病識が30%から100%に変化)。

■今までは、しょうがなく義務で服薬していたが、ポプラの会に出て、自分は薬を飲まないといけない人間なのだ、薬が必要ない人間ではないのだということがわかった (薬の必要性の認識が0%から100%に変化)。

■幻聴で聴こえてくる言葉は、人の考えが伝わってきているのだと思っていた。でも、自分が「タバコやめよう」と思っているから「タバコやめろ」という幻聴が聞こえて来ていたのだと思う(幻聴のルーツの理解度が50%から90%に変化)。

■さまざまな人の意見を聞いたり、資料の言葉を読んで安心し、落ち着いた(不安が0%になった)。

「ポプラの会」参加者の方たちからは、このような感想を頂いています。
その他の記事は、こちらをご覧ください。

What's New