手稲東中学校2年生の病院体験学習

  12, 2016 09:18
当院では、毎年複数の中学校から体験学習の受入れを、多職種の職員で応援をさせて頂いています。
精神科医療を一緒に考え、身近に感じてもらえるプログラムを用意しています。

平成28年6月2日医療に関心を持った手稲東中学校の2年生6名がいらっしゃいました。
初めに院内を見学、次に、直接患者様の貴重な体験談を傾聴し、目に見えない心の様子と家族との関係、回復過程を学べたのではと思います。
又職員食堂では入院者と同じ昼食を味わって頂いたところ、皆さん完食され大変うれしく思いました。

2016071203.jpg
続いて当院の療法である箱庭療法、内観療法、心理検査などを、心理士の協力で簡単に体験する機会を設けました。
忙しいプログラムでしたが、皆さんの期待に応えられるよう、関心が持てる内容としています。

学校では『働くことの大切さ』、『多くの人の協力によって仕事が成り立っていること』、『さまざまな企業や事業所における仕事が、地域や社会に役立っていること』などを、理解できることが体験学習の狙いであると、終了後皆さんから、心のこもった、しかも内容の深い感想文を頂き、私たちの想いが届いたのかなと、拝読させて頂きました。
本当に狙い通りでした。お疲れ様。          
地域移行支援室 小林

What's New