アルコールの集団認知行動療法行っています

  21, 2016 12:08
2016092102.jpg
アルコールの認知行動療法とは、「今までの自分のお酒に対する考え方、見方、こだわりを自分自身で検討し、それらを変えていくこと、さらにそれにより行動も変えていくことを目的としています。
そして本当に納得し「今までのお酒に対する考え方」を変える事ができたとき、断酒継続の大きな支えになることでしょう。その手助けになるプログラムなのです。

2016092101.jpg
お問い合わせなどお気軽にどうぞ!
担当:札幌太田病院(011-644-5111)内観療法課まで

What's New